ストレスが原因で起きる痙攣性便秘と対策

ストレスが溜まっていたり、自律神経が乱れたりしたときに、お腹が痛くなったり便秘と下痢を繰り返したりすることがあるかもしれませんが、そのような便秘を痙攣性便秘といいます。

痙攣性便秘の原因は、精神的なストレスが溜まる事で自律神経のバランスが崩れてしまうことになります。

腸の活動は副交感神経の影響下にあるのですが、腸の運動に影響を与える副交感神経が乱れると腸の運動も乱れることになります。

その結果、消化吸収のタイミングや水分の吸収が間に合わないで下痢になったり、逆に吸収しすぎて便秘になったりします。善玉元気 効果

痙攣性便秘になると出そうになった便が後戻りしたりするので、排便し難くなります。

特徴は胃腸が活発に動く食後に腹痛があり、便秘時は水分が少なくて硬いコロッとした便が出て、まだ便が残っているような感じになります。

便秘には食物繊維を摂る事が良いと一般的に思われていますが、痙攣性便秘の場合に食物繊維を摂りすぎると、腸の活動が更に活発になってしまい便秘が悪化することもありますので、痙攣性便秘の場合は食物繊維を摂ることは対策にはなりません。

対策としてはストレスを解消することになりますが、現実社会では難しいので、自律神経のリズムを整えるように工夫することが重要になります。

具体的には寝る前にゆっくりと腹式呼吸を行なったりハーブティを飲むことで寛いでリラックスし、副交感神経が優位に働くようにします。

明かりは消して暗くして睡眠して、朝起きたら窓を明けて背伸びをして陽の光に当たります。

そして、気分が晴れやかになる音楽を聴きながら朝の準備を行うことで交感神経を目覚めさせるようにします。

このようにして自律神経のバランスを整えるように生活スタイルを変える事で痙攣性便秘の対策になります。

便秘を解消すれば、様々な好影響が出てくる

便秘になるという事は、それはつまり体の巡りが良くないからであり、その状態が長く続くと、体のあちこちに良くない影響が出始めます。例えば、食欲不振、やる気や集中力の低下、頭痛、腹痛、腰痛、吐き気、睡眠不足、肌状態の悪化・・。などなど、とにかく便秘に端を発する症状というのは、数え上げれば、きりがないほどにまで広がっていきます。 http://www.r-cr.jp/

私も一時期には、便秘に悩まされていたことがあり、上記のような症状が併発していたものです。ですから、当時は何か良くない病気にでもかかったのかもしれない、なんてすごく焦りを感じている自分がいました。

だけども、とあるテレビ番組で便秘に関する情報が伝えられていて、それを見て始めて、便秘を治せば、全てが改善するという事に気づかされました。

というわけで、その日を境にして、便秘改善に取り組むことを決意しました。食生活の改善、運動、質の高い睡眠・・などなど生活習慣の見直しから、サプリメント摂取やマッサージのような事にも着手しました。

すると、見事に便秘が改善され、同時に体の調子もすこぶる良くなっていったのです。以来、便秘に陥らないように、日頃から健康管理には気を遣うようになり、とても快活な毎日が送れるようになりましたよ。

大腸まで届くオリゴ糖!豆乳で簡単に便秘へアプローチ

豆乳は栄養満点で、美容からダイエット、健康などのいろいろな悩みに効果的だということは知っている人も多いと思います。実は、豆乳は便秘にも良いと知っていましたか?

女性の悩みに多い便秘は、お腹の中の善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えることができ、便秘解消につながります。善玉菌を増やすにはビフィズス菌の入っているヨーグルトが手軽でおすすめですが、ヨーグルトだけでは善玉菌をたくさん増やすには足りないんです。そこで登場するのがオリゴ糖です。オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれるビフィズス菌の餌となるので、便秘に悩んでいる人には積極的に摂ってもらいたいです。 http://www.timber-co.jp/

豆乳には大豆オリゴ糖とラフィノースという2つのオリゴ糖が含まれています。豆乳のオリゴ糖が便秘に良いという理由は、胃や小腸などで消化されずに大腸まで届いてくれるからなんです。豆乳のオリゴ糖は少しの量でもビフィズス菌を増やすことができるというのが魅力です。

豆乳に含まれるオリゴ糖は人によって異なりますが、大体7時間前後で大腸までたどり着いてくれます。就寝前にコップ1杯の豆乳を飲むことで、朝に気持ちの良い快便を促すことが出来ると思います。

豆乳の独特の臭みが気になる人は、きな粉やバナナ、ココアなどを少し加えてみると飲みやすくなります。まずは1週間試して、頑固な便秘にアプローチしてみましょう。

おなかを温めて便秘を解消

おなかを冷やしてしまうと痛くなると昔から言いますが、これは便秘にも同じことが言えます。人間は恒温動物なのでどの環境下でも一定の体温を保とうとする力が働きます。それは体温が高い状態を維持することで身体能力を高めて一定の活動を行なうためなのですが、体が冷えてくると体は困窮状態に陥り生命維持活動を優先するため内蔵機能などが低下するのです。善玉元気 効果

おなかは特に内臓に接しているため外気の影響を特に受けやすく、腸の動きを鈍らせてしまうのです。蠕動運動がうまく出来ない状態ですと便が滞留してしまい便が固まってしまいます。さらには次の便が押し寄せて中で結合し大きくなりさらに便秘を悪化させてしまうのです。

それを解消するには簡単な話、おなかを温めればよいのです。たとえば湯船にお湯を張って半身浴でもよいでしょう。寝る前に腹巻をするようにしたり、寒い環境であれば懐炉を入れておくのもよいでしょう。

便秘の時はいかに腸の蠕動運動を活発化させるか、後はいかに早急に解消するかが重要です。遅れれば遅れるほどどれだけ優秀な改善方法でも苦痛を伴ってくることは避けられません。普段からおなかを冷やさないようにし、腸の運動能力を低下させないことは便秘予防において必要なことです。